自宅看護6日目

次の日の朝、さっそく病院で処方してもらった流動食をもらってきました。

 

「エンシュア」は缶入りなのを小分けした冷凍ボトルでもらうことができました。

元は人間用の流動食だそうです(汗)

開缶すると48時間以内に使わないといけないらしく、凍らせたものを少しずつ解凍して使うように言われました。

 

 

冷蔵庫に入れておくと数時間で液状に戻りました。

 

「フォーミュラAA」もジップロックに小分けで処方してくれました。

これも冷蔵保存です。

 

 

昨日は電話だったので、それぞれについての細かい説明はなかったのですが……。

 

電車の中で検索して、「フォーミュラAA」の説明にあった「強制給餌用」という文字を読んだとき、今さらながらショックを受けました(涙)

強制給餌で与えるごはんがこれなんだ……と。

 

エンシュアについても、小鳥に使っているブログなどを見ていくと、重い病気の子たちばかり。

モノたんはそれだけつらい状況なのだと、現実を突きつけられているようで辛かったです(汗)

 

それに昨日は、流動食の与え方を聞くのに必死で、「フォーミュラ」という単語も右から左へ通り過ぎてしまっていました。

「フォーミュラ」って、挿し餌のときにあげるごはんだったよね……?

家への帰り道で、やっとベビーフードのことなのだと気づきました。

 

昨日までは、何とかシードやペレットを食べてもらおうと努力していました。

 

でも、モノたんはもうヒナ扱いしないといけないんだな。

おとなのように一人でごはんは食べられないんだな、とそのとき悟りました。

 

帰宅してすぐ、エンシュアとフォーミュラを温めて、モノたんにあげることにしました。

 

温め方も温度も、聞いた内容を思い返すと、挿し餌と同じでした(汗)

人肌より少し温かいくらい。それより熱くても冷たくてもダメ。そうでした。

 

この日はまだ、モノたんの体重は測っていませんでした。

 

急いでフォーミュラを取りに行きたかったのもありますが……。

怖くてもう測れなかったのです(涙)

 

午後、フォーミュラをあげる前に測ったら、8.0gでした。

 

取りに行く前に測らなくて良かったです……。

たぶんパニックになっていたと思います。

 

でも、あげる前に味見してみたら「これは食べてくれる!」と希望が持てました。

エンシュアはすごく甘かったのです。

私には練乳と同じくらい甘く感じました。同じようなとろみもあります。

 

モノたんのくちばしに垂らしてみたら、甘いもの好きのモノたんはハッとした顔をして……。

 

ものすごく飲んでくれたのです。

 

その日の午後だけで、8gしかない鳥が2gもたいらげました。

 

キンカチョウは体格のわりには大食漢です。

挿し餌のとき、いくらあげてもモノたんは口を閉じてくれなくて困ったなあ……。

そんなことを思い出すくらい飲んでくれました。

 

どんなにお腹が空いていたのかなあ。

ごめんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。