明るいところも暗いところも好き

過ごしやすい季節になりました。

暑くも寒くもないこの季節は、我が家にとって貴重な「日向ぼっこ」ができる期間です。

 

それ以外の季節は、夏も冬も気温と風が(鳥たちにとって)辛すぎて窓自体開けられない集合住宅住まいなのです……。

 

日当たり自体は良い場所に、鳥たちのケージは置いてあるのですが、

窓もカーテンも断UV&断熱してあるので、日光浴効果はほとんどないと思われます。

普段はUVBライトに頼っております。

 

 

なので、この季節だけでも、網戸にして日光を入れるようにしています。

 

我が家の鳥たちは明るい場所が大好きです。

部屋が明るいと張り切ってさえずったり動き回ったりします。

 

でもなぜか、モノたんもネルも直射日光は苦手みたいで……。

 

 

いざ入ってくると、なんとなく避けちゃう(笑)

 

そして暗いところが嫌いかというとそうでもなく……。

暗くて狭いところは二羽とも大好きです(汗)

 

 

 

ぶれてしまいました。

ネルは今日も元気に潜り込もうと頑張っていました(笑)

 

これまで我が家にいた文鳥たちも同じです。

不思議ですね~。

 

でも、目を離した隙に狭いところに入られてしまうと、どこに行ったか分からなくなってしまいます。

 

文鳥はまだ気前よく返事してくれるんですが、キンカチョウは気が向かないと本当に返事してくれません。

悲しい事故に繋がってしまうこともあるので、放鳥中は目を離さない方がいいですね。

 

 

 

ネルの場合、モノたんのケージ脇へ侵入ができないと、飼い主の方へ飛んできます。

そしてマウスを持つ手の中に無理に入ろうとします(笑)

 

思い切り仕事の邪魔なんですが、こうなるとなかなか抵抗できないのですよね……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。