文鳥も飼い主もプチパニック

小鳥は臆病なので、目の前で飼い主が急いで動いたり、大きな動きをしたりすると怖がりますよね。

一緒に暮らした期間が長くて、定期的に同じ動作をする場合は別です。

 

例えば我が家の場合は、ケージの清掃をするときは大きな音を立てますし、私の動きも大きくて早めです。

(ケージを持ち上げたり、汚れをこすったり)

でもネルは別に怖がったりしません。

動く私の肩に乗って様子を見ていることが多いです(笑)

 

でも今週はイレギュラーな…というか、飼い主もびびってしまうようなことがありまして…。

午後、読書をしていたら、足にクモが落ちてきたんです!

 

軽い衝撃を感じて何だろう…と目をやったら、クモがいました。

 

飼い主は虫はそこそこ苦手ですが、クモ(ハエトリグモ系)はそこまで怖くありません。

小さいし、襲ってくるわけでもないし、虫を捕ってくれる生き物なので、家の中で見つけてもそのままにしています。

 

それでもびっくりしたとは思いますが(汗)

 

落ちてきたのは見慣れない、足の長いやつだったんです…。

 

あとで調べたら、ユウレイグモと言うらしい。

興味のある人は検索してみて下さい…。

名前の通り、あまり、可愛いとはいえないフォルムです…。

 

最初はホコリでも落ちてきたのかと思いました。

動いているのでクモだと分かって、飛び上がってしまいました。

(その時の動作で殺してしまわなくて良かった…)

 

クモは床に落ちて、そこから家具の裏へ逃げて行ってしまいました。

なぜ落ちてきたのかは謎です。天井を歩いていたのかな~?

 

飼い主が両手を挙げて椅子からいきなり飛び退いたので、それを見ていたネルもパニックに(汗)

ケージ内を飛び回らせてしまいました。

 

文鳥がパニックになった時は、すぐに収まりません。

我が家の場合は手に乗せてあげて、パニックが収まるまで(体が細くなくなって、キョロキョロせず落ち着くまで)抱っこするようにしています。

 

なので10分くらい手に乗せていたんですが…。

全然、体の細さが戻りません(汗)

 

ケージに戻そうとすると飛んで逃げてしまいました。

さすがにおかしいな~と思ってあちこち調べていると…。

 

 

床のシートがめくれてしまっていたんです!

ネルが暴れたときにめくれたんでしょうね~。

 

シートの下も白なので、飼い主は全然気づきませんでした。

が、ネルは「いつもと違う!」だったんでしょうね(汗)

 

戻してあげると、数分でケージに戻ってくれました。

(それでもしばらく床を凝視していましたが…)

 

トップ画像は細いまま、手から出ない時のネルです(笑)

 

今週も体重は25g前半でした。

おハゲもまだ出てきていないです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。