文鳥の香り、キンカチョウの香り

我が家には文鳥とキンカチョウがいます。

もちろんですが、どちらも、においを嗅いだことがあります。

 

同じフィンチですが、香りはぜんぜん違います。

元は文鳥だけ飼っていたので、はじめてキンカチョウのモノたんの香りを嗅いだときは、衝撃でした(笑)

何となく、同じだろうと思っていたからです。

 

ぜんぜん違います。

どちらも、餌は同じものをあげているんですけどね。

 

小鳥の香りは、毛づくろいのときに出す分泌物によるそうです。

 

すこし前に、「インコアイス」って流行ったよね……?と思って検索してみたら、まだまだ絶賛販売中でした(汗)

私はまだ未体験ですが、どんな味がするんでしょう。

 

文鳥の香りは、よく話題になりますね。

「コンソメ」とか、「お日様(に干した布団)」とか。

たしかに、我が家の文鳥たちもそんな香りがしていました。

 

ネルも手乗り文鳥になってから、数秒くらいなら、「吸引」を許してくれるようになりました(笑)

それ以上やると、不審者を見る目をして逃げてしまいますが……。

 

同じ文鳥でも、少しずつ香りが違うんですね!

気にしたことはありませんでしたが、先代の香りとは、ちょっと違うようです。

 

さて、モノたんの香りは、それにプラスして、ちょっと焦げくさいような風味があります。

 

うまく言えないのですが、文鳥よりも、もうちょっと野性的というか……。

目をつぶって嗅いでも、どちらかなのか、たぶん言い当てられると思います。

それくらいには違います。

 

我が家の話なので、他のお宅のキンカチョウはどうなのか、聞いてみたい気もします。

 

有名なCHYARAさん宅の記事だと……。

 

「スパイシー」。

そう言われてみれば、そんな気もします(汗)

 

におうとは言っても、羽に鼻を突っ込まないと分からないですし、水浴びしても、くっつきそうなくらい顔を近づけないと分かりませんが……。

 

我が家ではどちらも、水浴び後に、においはきつくなります。

昔、実家で犬を飼っていたことがありますが、水浴びすると同じように、においがきつくなっていました。

動物はそうなのかもしれないですね。

 

カナリアやスズメも、それぞれ別のにおいがあるのかしら?

だったら嗅いでみたい!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。