文鳥の神わざに恐れをなす

すこし前から、ネルのケージにおもちゃを吊してみています。

 

 

少しずつ慣れてきているので、今日はその経過を書こうと思っていたのですが……。

「文鳥ってすごいんだ!」と感心することがあって、そっちをメインに書きとめておきたくなりました(笑)

 

はじめはおもちゃをケージの隅に置いて、ネルに見せるだけでした。

 

視界に入っただけでは細くならなくなってくれたので、もう少し近寄ってもらえるように……。

 

 

大好物のみかんを使ってみました(笑)

かなり面倒ですが、これを粒に分けておもちゃにくっつけてみたのです。

 

ネルは(モノたんも)これを見ると目の色が変わります。

 

「好物があんなところに!どうしようどうしよう」

 

しばらくネルは周りをグルグルしていましたが……。

 

一日も経たないうちに……。

 

おもちゃにこわごわタッチしてみかんを取ってくれました。

みかんのパワーは絶大ですね(笑)

 

数日すると慣れてきて、周りでグルグルする時間も減ってきました。

 

怖がらずにタッチしてみかんも取れるようになったのです。

 

そのときに、感心することが起こったのでした。

 

そっとつつけば別ですが、このおもちゃは触られると揺れたり、回転したりするように出来ています。

そうなると、他の場所についているみかん粒が取りづらくなるのです。

動くメリーゴーランドの馬にみかんがくっついている感じです(笑)

 

私は「止まるまで待ってから次の粒を取る」のかなと思って見ていました。

「足やくちばしでおもちゃを止めて取る」もありですが、ネルはまだそこまでおもちゃに心許していないので……。

 

でもネルは、回ったままのおもちゃから、平気でみかんを取ってしまったのでした。

 

えっ?

今何が?

 

クチバシだけで、みかんを全部ササッと取ってしまった……。

 

小鳥の特技というと、飛べることとしゃべれること(インコたち)くらいしか、世の中で認識されていないように思います。

 

しかし、このレベルの動体視力と精密な動作ができる鳥以外の生き物って、身近にいるのでしょうか?

すごいものを見てしまったと思いました。

 

おこがましいかも知れませんが、そのとき私の心に浮かんだのはこのシーン……。

 

 

あなたの家にいる文鳥も、スタンド使いなのではありませんか?(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。