放鳥タイムにこだわり、あったのね…

我が家では放鳥時間はだいたい1時間にしています。

なぜこうしたかはもう覚えていませんが、昔からそうなんです。

 

厳密に測っているわけではなく、日によって2時間だったり45分だったりします。

 

モノたんがいた頃は、午前中にモノたん、午後にネルというふうに分けていました。

今もネルは午後にしています。

なので午前中はおとなしいんですが、15時を過ぎても出してもらってない日は騒いで知らせてきます(笑)

 

今週は午後にイレギュラーなことが起こった日があって、急に外出しないといけないことになったんですよね。

電話がかかってきて…。

 

その時、ネルを出してからまだ10分ほどでした。

でも仕方ないので、「いったん戻ろうね」と話しかけて、ネルをケージに戻そうとしたんですけど…。

 

いつもネルは戻るのは嫌がりはするけど、手の中で足を踏ん張るくらいです。

 

これまでの我が家にいた子たちの中には、必死で抵抗して飛び回り逃げ回る子もいたので、

それに比べたらスムーズに戻ってくれている印象でした。

 

でもその日は明らかにネルの動きが違ったんです。

 

数回ケージの入り口まで運んでいったのですが、

文鳥特有の「ヌルッと手から出る動作」(文鳥飼いなら分かっていただけるかと)をしてまで逃げるんです。

こう言うスピード感ある反応は初めてだったのでびっくりしました。

 

仕方ないので半分握るようにして戻して外出してきました(汗)

ごめんよ~。

 

後で思うに、10分はネルにとって許せない短さだったのかなあと。

「いくらなんでも短いよー!」

とうことでしょうか?

 

用事を済ませた後で戻ってきて、また出してあげました。

 

今度はちゃんと1時間。

その後で戻るときはもういつも通りだったです。

 

ケージに戻るのが嫌なのではなく、ネルの中でも1時間前後が放鳥の区切りになっているのかなー?と思いました。

 

 

 

おやつのフォニオパディを催促するネル。

トップ画像は嬉しそうに食べているところです!

 

最近の体重は24.9-25.2gくらいをうろうろしています。

こんなものかな?と最近は維持を目指すようになりました。

 

お腹は空くらしく、放鳥しているときに貰えるおやつを楽しみにしているみたいです。

これも戻り拒否の原因だったのかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。