手乗りくずれ文鳥、お迎え3.6ヶ月目-お歌の練習生-

生後5ヶ月のネルが我が家にやってきたときは、ぐぜりは終わっているものの、ぶつ切りのフレーズを繰り返している状態でした。

表現は悪いですが、壊れたレコードみたいに……(汗)

ダンスはまったくせずに、足をべたっとつけたまま、さえずっていたのです。

 

お迎えして約1ヶ月が過ぎると、ダンスかな?と思うような仕草を、たまに見るようになりました。

まだまだ、たどたどしい足つきです。

 

そしてぶつ切りのフレーズに、前奏らしきものが入るようになったのです。

 

しかし文鳥のうたの前奏には、通常「チッチッ」のようなリズム音が入ると思うのですが……。

ネルのフレーズにはありません。

「ピピッ」のようなさえずりを何回か繰り返して、そのまま、サビのフレーズに入ります。

 

お迎えしてだいたい3.6ヶ月。

フレーズそのものは、大きく変わりませんが、そのフレーズを2-3回連続してさえずれるようになりました。

 

 

北海道大学で、こんな素敵な研究がされていたんですね!

(「チッチッ」はくちばしで出す音のようです)

自分の大学時代のていたらくを振り返ると恥ずかしいですが、もしこれが専攻だったなら……かなり真面目に研究したと思います(笑)

この発表によれば、目下作曲中というところでしょうか。

ダンスもほとんどしないなら、確かに完成とは言えないでしょう。

 

ただ、私が聞き慣れている文鳥の歌には、どこかで「チーヨチーヨ」といった長音が入るのですが、ネルのフレーズには今のところ入っていません。

すべて短音で構成された歌なのです。

 

完成したら、いつか動画で残したいと思っています(笑)

 

これはお迎えした文鳥の男の子の中で、はじめてだと思います。

不思議ですが、ここまで来てしまったということは、これがネルの歌として定着するのでしょうね。

 

そこで最近、気になっているのは、「これは完成しているのか? そうでなければ、いつになったら完成なのか?」です。

 

これまで暮らしてきた子たちは、どうだったかなあ?

思い返してみましたが、残念ながら覚えていません。

覚えているのは、ぐぜり始めたら「あ、男の子だね」と思ったことくらいで(汗)

 

手元の飼育書を見てみると、「きれいに歌えるようになるには半年、完成は1年」と書かれてありました。

なるほど。

ただいま、ネルは生後9ヶ月ほど。

ということは、もう少しで完成みたいですね。

 

最近は、ダンスが目にみえて増えてきました。

足さばきもリズミカルに!

 

歌うときは、だいたいセットでダンスしてくれるようになっています。

ダンスの始まりに首を上下に振りますが、「チッチッ」はまだ出ませんね~。

 

この春には、完成版が聞けるかな?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。