手乗りくずれ文鳥、お迎え29日目-初おにぎりはまるでいつものように-

お迎えしてから29日目。

本日で、手乗りくずれ文鳥シリーズは最終回です(笑)

(この日記シリーズは、私が過去につけた走り書きのメモを見ながら清書しています)

 

今日の夕方、放鳥中のネルが、自分から私の手の中に入ってきてくれました。

 

10月も終わり、朝夕は少し寒いくらいになったので、どこの家でも、おにぎりの許可が鳥たちから出やすくなった時期だと思います。

それに助けられたのもあるかな?

 

 

ネルと仲良くなることをゴールに、書き始めましたが、ではどこまでか?と言うと、よく考えていませんでした。

なんとなく、「ケージの外でおにぎりができたら」ひと区切りかな?と。

 

さぞかし、その瞬間は感動するんだろうなあと思っていました。

でも、拍子ぬけするくらい、あっけなかったです(笑)

 

いつものように、寝る前に騒ぎ出したので、しばらくケージに手を入れて遊んであげていました。

そろそろいいかなあと思って、手を引き抜こうとしたら、ネルも強引にすき間から出てきてしまいました。

ここまでは、前科もあるので「またですか」だったのですが……。

 

ネル的には「中の続き!」な流れだったようで、また親指と人差し指の間に、頭を突っ込んできたのです。

そのまま、じっとしているので、何となくこちらもおにぎり(汗)

 

あっ撮ってるの?カメラに緊張するのでおもちネルはあまり撮れません…

そのまま、外おにぎりが完成してしまった!

 

こちらから「おにぎりさせて?」な場合は、するっと抜けていくくせに……。

思わず「小悪魔文鳥!」とつぶやいてしまいました(笑)

 

リアクションすると、ネルが我に返ってスル抜けしてしまうかもなので、こちらも何食わぬ顔をして……。

しばらく一緒にテレビを見てから、ケージに帰ってもらいました。

 

ともあれ、今後は晴れて「手乗り文鳥」としてネルには生きてもらいましょう。

 

忘れかけていましたが、おにぎりにも段階があって。

 

最初はただ、腰を下ろしているだけで。(今日はここまで)

もう少し安心してくれると、お腹をぺたりとつけてくれます。

もっと安心してくれると、足の指をくるっと丸めます。

何かあってもすぐに文鳥は立てなくなる姿勢なので、安心してくれていることが分かります。

 

飼い主が一番感動したのは、年末あたりに、ネルが足を丸める感触を、手のひらに感じたときだったかな?

 

これは、お迎えしてからだいたい2ヶ月くらい経っていたと思います。

最初はまるで荒鳥!なネルでしたが……今後、縁あって手乗りくずれ文鳥をお迎えする方の、参考になったらうれしいです。

 

区切りはつけましたが、ネルについてはまだまだ書きたいテーマがあります。

里親制度のこと、ヒナ時代を知らないことで戸惑ったいろいろ……。

これからは、そういったことをつれづれ書いていけたら、と思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。