手乗りくずれ文鳥、お迎え25日目-粟穂が食べられるようになりました-

相変わらず、粟穂につれなかったネルですが……。

ケージの中につるしておくのは続けていました。

 

 

文鳥は一度「イヤ!」となった食べ物は、その後もたぶん、食べてくれません……。

ネルはもう、ほぼ成鳥なので、食習慣も固まりかけていることでしょう。

もう間に合わないのかも知れませんが、未練がましく、あげてみていました。

 

そうしたら、昨日、粟穂の真下に。

 

あれ?

赤い殻が転がっていました。

少しですが、ネルの体が当たって落ちたにしては、多いです。

 

もしかして、かじってくれたのかも!?

うれしくて、ただの殻なのに、写真まで撮ってしまいました(汗)

 

 

我が家に来たネルに、シード以外でこれまで食べさせてみたものとその結果は、

 

○:小松菜・チンゲンサイ・豆苗・ボレー粉・みかん

×:りんご・梨・粟穂・にんじん

△:ペレット

※ペレットは、ほぼ食べないけれど、いちおう食べ物と認識はしているという意味での△です……

 

こんな感じです。

 

 

りんごと梨は、モノたんと先代文鳥の大好物だったので、ネルに拒否されたときはショックでした。

それはさておき……。

 

今日になって、ケージからカチャカチャとクリップが鳴る音が聞こえてきました。

クリップで止めているのは粟穂だけなのですが、モノたんはお昼寝の時間なはず。

半信半疑で見に行ってみると、

 

 

カメラにびっくりして食べるのを中断しましたが…

かじってる!

現場を目撃することができました。

 

なぜ、今になって……?

理由は、何となく分かりました(汗)

数日前から、ネルはコピー用紙が怖くて、餌は最小限しか食べていないのです。

(いきさつについては、こちらをご覧ください……)

 

なので、お腹が空いていて、上のほうについている粟穂を試しにかじってみたのだと思います。

でも、続けて食べているようなので、それなりに美味しさは伝わったのかなあ?

 

今では普通に食べてくれるようになりました。

飼い主としては、食べて欲しいものだったので、これで一安心です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。