手乗りくずれ文鳥、お迎え23日目-ケージの中で!おにぎり達成-

昨日から、ネルが急に新聞紙を怖がりだしてしまい……。

応急処置で上にコピー用紙を貼りましたが、コピー用紙も今度は真っ白なので、これまでの紙と同じにはいきません。

落ち着かないネルに、お休みカバーをかけてやむなく寝てもらいました。

 

翌朝、カバーを外すときは、またすぐに騒ぎだすのではないかとドキドキでした。

一晩経っていたせいか、まだ眠いのか、ぼんやりしているネル。

 

しかし、餌を取り替えたりしているうちに目が覚めてきたのか……

騒ぎはしませんが、今のネルが安全地帯だと思っている餌入れ、おやつ入れ、リラックスステージ以外には、止まろうとしません。(今朝からなぜか止まり木も×になっていました)

 

移動は全部金網づたい。

餌入れに無理矢理止まって、中の餌を食べているので、食べづらそう~。

 

とりあえず防水性はあるのですが、フン切り網の使用が前提みたいでした。我が家はフン切り網は使わないので、今は使っていません

ケージ用シートというものがあるようなので、とりいそぎ、これを注文してみました。

これは薄青色です。これまでの紙は薄グレーだったので、これも少し違いますが、真っ白よりは印象がきつくないはず。

 

 

かわいそうなので、放鳥中のモノたんがキッチンのパトロールに出かけている間、ネルのケージの中に手を入れて、そこに止まって餌を食べられるようにしてあげました。

私の手は大丈夫だったようで、急いで乗ってきました。

 

そのまま、ネルがひとしきり餌を食べ終わるまで、同じ姿勢……。

昔、ネルが手に乗ってくれるまで同じことをしたな~、なんて思いましたが、記事を振り返ってみたら、つい10日ほど前のことでしたね(笑)

 

手に潜り込んで、引き抜けないように抵抗しています。これは今でもやります

食べ終わったら、ゆっくり手を抜こうと思ったのですが「そうはさせない!」と手の上でがんばるネル。

この手がなくなったら、また止まるところがなくなるからね……。

そのうち、手のひらに潜り込んでしまいました。

 

私からしたら、動揺しまくりです(笑)

もしかしたら、やっぱりネルは、こちらの心を読んでいるのかも知れません。

こうやれば私が、手を抜けなくなるのを分かっていて、やってくるのだとしか思えません。

 

カメラを警戒しつつも…うとうと

もちろん、ここぞとばかりにナデナデもふもふしてあげました!

撫でられてネル自身も「あれ?気持ちいいな~」と思ってくれたようです。

うとうとな目つきに変わりました。

 

それにしても、ネルの羽毛の弾力が半端ありません……!

撫でるたびにぼよんぼよんと指が跳ね返されるくらいです。

若い文鳥って、こうでしたっけ?

ここ最近はシニアよりの鳥たちをお世話していたせいか、その弾力が新鮮で(笑)

 

ピチピチな若文鳥だったのね

最近気がついたのですが、水浴びの時にネルの体が濡れていないように見えるのも、全部水分を弾いてしまっているからでした。

よーく見ると、細かい細かい水滴が、ネルの羽の表面に球体のまま浮いていたのです。

人間でいうと、肌が水を弾く……ピチピチですね!

 

シニアのモノたんは、逆に、羽が濡れると乾くのに時間がかかるので、急いでケージに戻して保温します。

そういうことなんですね……。

 

この日は、ひまを見ては、こうして手をケージに入れてあげて、止まり木役をやっていました。

夕方頃には、昨日ほどの怖がりはなくなったように思います。

シートが届くまでに慣れてくれるかな?

 

そして、偶然でもおにぎりできて、ネルに気持ちいいと思ってもらえたので、しめたものです。

しばらくおにぎりさせてね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。