手乗りくずれ文鳥、お迎え21日目-ツンデレ文鳥の境界線-

ここ数日、ネルとの触れ合いで私がいちばん楽しみにしているのは、お世話の時間です。

つまり、ケージの中に手を入れるときです。

以前からそうなのですが、ネルはケージの中と外とで、かなり態度が違うからです……。

 

中にいるときが「デレ」。

このときの方が落ち着いているし、こちらにちょっかいもだしてくれます。

それが少しずつエスカレートしてきているので、こちらとしては「今日はどんなことをしてくれるかなあ?」と楽しみなのです。

 

手に乗ってきてくれるのは、いつものことになりました。

そのまま、交換した餌や青菜を食べ始めたりもしますし、私が遊びで指を動かすと、喜んでじゃれてきます。

じゃれるときは、甘噛み。

さすがに、おにぎりはまだできませんが、背中やお腹を撫でるくらいは許してくれるようになりました。

 

なのに、外では「ツン」なのです……。

 

ツンツン文鳥

ネルは外に出ると、とたんに少し、自信がなくなってしまうようです。

元気が3割減くらいになってしまいます。

 

私の手にはあまり乗ってくれません。

他の何かと選べる状況だと、ほぼ他を選んでしまいます。

他の何かとは言っても、ケージのあるラックか、動画再生中のパソコンのキーボードの上か、どっちかですが……。

 

外が怖いとは言っても、ケージの中では、同じ手に乗りまくっているくせに……。

この手は違うのか~?と、突っ込みたくなるほどです。

 

このツンデレぶりは、手乗りくずれの子(中途半端に馴れている子)あるあるなのでしょうか?

それとも、ネルが極端にインドア派なのか……。

 

基本的に、写真もぶれちゃう程度しか、手には乗ってくれないのです

なので、外では、ほとんどネルとのスキンシップはできません。

ケージの外でも、甘噛みされまくりたい!のに。

 

この調子では、目標のおにぎり化も、ケージの中で先に達成しそうな気がします(笑)

 

ほんとうは放鳥中に、もっと仲良くなれるように、私が努力した方がいいのでしょうね。

でも、ここまではっきりしたツンデレ傾向があるので、私からついついケージの中へ手を入れて、遊んでしまうのです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。