手乗りくずれ文鳥、お迎え20日目-おにぎり文鳥めざしてGO-

最近はもっぱら、ケージの外へネルを呼び出す道具としてYoutubeを使っています。

呼び出すだけならどんな文鳥動画でもよいのですが、文鳥のケンカ声が入っているものは避けています。

ネルが緊張してしまうためです。

うーん。温和なのか、ビビリなのか……?

 

今はもう日課になりました

すこし前の記事にも書きましたが、我が家では、ネルに水浴びを勉強してもらうためにYoutubeを使ったことがあります。

ネルに何か覚えてほしいことがあったら、動画を使えばいいんだなと分かりました。

 

覚えてほしいことを、仲間がやっている動画を見せてあげます。

すると、ネルはとりあえずその真似をしてみるようなのです。

生後半年……少なくとも、外見はもう完全に成鳥ですが、こんな素直なところが残っています(笑)

仕草も、まだまだ「子どもだなあ」と感じるところも多くて、かわいいです。

 

今、覚えてほしいのは……。

ずばり、「おにぎり」されることです。

……ハードルが高いのは、わかっています(汗)

ヒナから育てても、我が家でも、できる子とできない子がおりましたので。

 

先代よ、君はおにぎり文鳥だったねえ…

ネルはまだ、ケージの外で手に止まるのもおっかなびっくりです。

でも、素直に真似してくれるなら、今のうちに試しておきたいなあと。

 

見せてみたのはこの動画です。

見ているだけで、頬がゆるんでしまうような素敵な動画です!

 

 

……な、はずなのですが……?

鑑賞後のネルの反応は、明らかに引いていました(涙)

 

私が見ても分かるくらい「ええ!?ありえない、こんなことをする文鳥がいるなんて……!」みたいな顔つきをしていました。

 

ほとんどの動画は、文鳥が映っていれば、かぶりつきで見ています

ネルは文鳥動画を、だいたいモニターそばまで駆け寄って鑑賞するのですが、これだけは違いました。

画面を見て、ただフリーズするのみ(笑)

もちろん、真似なんてしてくれませんでした。

 

それでも、何本か続けて見せた(集中講義)ところ、少しずつネルの表情が平静にもどってきました。

「おかしいなあ。あの仲間もこの仲間もおにぎりされてしまって、でも気持ちよさそうに見えるなあ……?」

そんな風に、興味が出てきたのかも知れません。

 

おにぎりはさせてくれないものの、今日は、人差し指1本だけで、そっと肩のあたりをなでるだけは、させてくれました。

細くなっていますが……。

びくついていますが……。

飛んで逃げてしまわないだけでも、すごいことなのかもしれませんね。

 

これからも、たまにはおにぎり動画を見ようね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。