手乗りくずれ文鳥、お迎え2ヶ月目-おやすみ時間を覚えはじめた-

そう言えば、ネルをお迎えして2ヶ月ほどが経ったころ。

年末年始のころでしょうか。

うれしいことがありました。

 

我が家の手乗り文鳥としての、最後の課題。

おやすみ時間を守る、という課題で、一歩前進したのです。

 

これまで、ブログでもたびたび触れてきましたが……。

ネルは夕方の放鳥後、お休みカバーをかけないと、寝ない子でした。

そうしないと、いつまでもケージの中を飛び回り、柵にしがみついて、出してほしがるのです。

餌も食べずに暴れ続けるので、困っていました。

 

我が家での、鳥たちの就寝時刻は19時頃です。

モノたんはこのスケジュールで生活しています。

ヒナのころから、この時間に寝かしつけているので、問題はありませんでした。

 

でも、里子のネルは、お休みカバーがかかってケージ内が暗くなると、ようやくツボ巣に戻っていきます。

 

その日は、私が、ついお休みカバーをかけるのを忘れて、そのまま家事をしてしまいました。

ネルは相変わらず暴れていたのですが、18時すぎに……。

 

カサカサっと、ツボ巣に入る音が聞こえました。

 

「え、自分で入りにいった?」

 

と慌てて確認しに行くと、私の足音を聞いたネルが、ツボ巣からまた出てきてしまうところでした(笑)

 

別の時に撮影したもの

「偉いねー、偉いねー!」

と褒めまくって、お休みカバーをゆっくりかけると、ネルはおとなしくまたツボ巣に戻りました。

音で分かります。

 

なぜ褒められたのか、分かってくれたかなあ?

とてもうれしかったです。

 

あとはモノたんのように、就寝時間までケージの中で遊んだり、おやつを食べたりして静かに過ごしてくれれば……。

ネルも、19時までそのままにしてあげられるようになるでしょう。

 

就寝時間については、ずっと困っていましたが、2ヶ月経ってようやく光が見えてきたのでした。

もちろん、その後すぐに、ツボ巣戻りが定着したわけではなく、波がありました。

3ヶ月ほど経った今でも、たまに暴れますが……。

だいたいの日は、ケージの中を落ち着きなく、うろうろするくらいまでに落ち着いています。

 

無言で繰り出す文鳥キックも、そのうち収まるかな?

 

昔は文鳥キックしすぎて、尾羽がぼろんぼろんになっていましたからね……。

その頃に比べたら、きれいな尻尾になりました(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。