手乗りくずれ文鳥、お迎え19日目-初☆手の上でうとうと-

リビングに移動してから数日後、ネルのケージを、ラックの下段に移しました。

それからは、できるだけネルから見える場所にいてあげられるよう、私は近くのサイドテーブルで仕事をするようにしています。

作業するには少し窮屈な場所なのですが、馴れてもらうまでの辛抱だと思って。

 

大騒ぎして出せ出せアピールをするくせに、ケージの扉を開けても、ネルはすぐに飛び出してきません。

まだ、外の世界が少し怖いみたい。

 

文鳥動画を2-3本再生してあげると、動画の音声につられて、こわごわ出てくる感じです。

いったん出てしまえば、それなりに飛び回るのですが……。

 

今のところの定位置、その1

仕事を始めてしまうと、私も集中してしまうので、ネルがどこにいるのかとっさには分からなくなります。

といっても、今のネルには、行ける場所が3つしかありません。

 

・ラックの縁

・モノたんのケージ(へばりついている)

・私の手

 

やっぱりいちばん怖いのか、手は避けられがち……。

 

他のサイトなどを見てみると、最初は頭や肩に止まってくれてからようやく手に、というパターンが多いようですね。

でも、ネルの場合は今のところ、手にしか止まろうとしません。

自分が乗ったことがある場所かどうかを、毎回ちゃんとチェックしているように思います。

 

今日のネルは、手にしばらく止まってくれていたので、私はそのまま仕事モードに。

そうそう、最近はさすがに確認作業も済んだのか、本気で手に噛みつかれることはほぼなくなりました。

 

ふっと我に返ると、ネルが手に止まったまま目をつぶりかけていました。

おもちになっているわけではなく、しっかりお腹は高めに離したまま、でもうとうとしているのです!

 

飛び疲れたのか、手に慣れてきてくれたのか……。

どちらにしてもうれしくて、今度は私の仕事モードがどこかへ飛んでいってしまいました(笑)

 

「ハッ!」モード。手にもまして、カメラに慣れていません…

でもネルは、私がじっと見つめていると「はっ!」として見つめ返してきます。

目をつぶっていても、視線は感じるようです。

手乗りくずれの、勘の鋭さは残っているみたい。

なので、私はじろじろ見たいのをこらえて、仕事をするふりをしていました。

 

 

今日は、もう一つ収穫がありました。

ひとところに長くいられたせいで、興奮が抑えられたのでしょうか?

今日のネルは17時半頃には騒ぎをやめて、ケージの中でおとなしくしてくれたのです。

 

これまではずっと、18時を過ぎるまで延々と騒いでいましたから、うれしかったです。

朝も、7時から9時までばっちり騒いでいたのが、ここ数日は7時半から8時半くらいまでに減っていることに気がつきました。

 

微々たる時間の差ですが……私には大きな変化です(笑)

もう固定された習慣になってしまって、ずっとこのままかなあとも思い始めていたので、この兆しはうれしいです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。