手乗りくずれ文鳥、お迎え18日目-体重測定できるようになりました-

ネルは初めての健康診断で、ちょっと痩せ気味と言われていました。

骨格的には、あと1g増えてもよいですとのこと。

 

そもそも、ネルはキャリーに入れた時しか体重測定ができていませんでした。

つまり、お迎え当日と、2週間ほどたってからの健康診断の日だけです。

 

手乗りくずれなので、自分からキッチンスケールに乗ってくれるはずもなく……。

ネルは近寄ってもくれませんでした。

キャリーにも、不意打ちで無理に入れたようなものです(涙)

 

体重測定すらも、文鳥自身に協力してもらって、はじめてできるんですね。

手乗りになってもらうと、健康管理もしやすいんだなあとしみじみ感じています。

 

リビングに移動してからは、モノたんの放鳥の様子も、ネルには見えるようになりました。

モノたんはキッチンスケールの上に、自分から乗ってくれます。

(おやつで、釣るのですが……)

 

すでに日課。

キッチンスケールの上でおやつを食べているモノたんを、羨ましそうに見ていたネル。

同じ鳥が、平気で乗って食べているのを見て「大丈夫」と踏ん切りがついたのでしょうか。

先住鳥がいると、気を遣うことも多いのでしょうが、こういうときにはいいですね。

今日、ネルは初めてデジタルスケールに乗ってくれました。

 

 

最初からうまくいったわけではなく。

ネルは私の手に止まったまま、うーんと首を伸ばしておやつだけ取ろうとしていました。

もちろん取らせません(笑)

そっと手を遠ざけます。

 

無理だと分かると、テーブルに降りて、周りをうろちょろ。

キッチンスケールにこわごわ片足だけ乗せました。

ふだん、文鳥は両足でステップを踏む歩き方をするのに、片足だけとは……どんなにイヤなのか、伝わってきました(涙)

 

ひっしに食べる

それでも無理だとなると、もう片足も……で、無事に着地!

 

0.1g単位のデジタルスケール、これしか家にないのですが、かなり小さかった(笑)

 

先代文鳥が亡くなってから購入したのですが、キンカチョウにはぴったりなので、気がつきませんでした。

文鳥にはかなり小さいです。

おやつを乗せる場所がなくて、ネルが一歩でもステップして進むと、すぐ落ちてしまいます。

おとなしく乗ってくれるようになったら、問題なさそうですが……。

今はすぐに降りようとするので、一瞬の表示を見逃さないようにしないとです。

 

はじめてネルが自分でスケールに乗った、この日の体重も23.0gでした。

健康診断の日から変わっていません。

できたら、もう少し増やしてあげたいな。

 

○ょっこりはんごっこかな?今でこそ、おもちゃで遊ぶ余裕も出てきましたが…

ネルは食べることは好きなのだと思います。

何とか、着地せずにおやつを取ろうとする必死の努力を見るにつけ。

 

思い当たることとしたら、これは改めて記事にしようと思っているのですが、朝夕にケージの中で大騒ぎするクセのせいでは……と考えています。

これがお迎えした日からずっと、なかなか収まらなくて、地味に困っています。

興奮して、餌箱はひっくり返すわ、まき散らすわで……。

そのせいで、夕方以降はあまり餌を食べられていないのです。

 

また、放鳥中も、ネルは落ち着ける場所がほとんどないため、いつも動き回っています。

カロリーの消費量は相当なものでしょう。

それが食事量を上回っているのでは、と思うのです。

どうしたものか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。