手乗りくずれ文鳥、お迎え16日目-手乗り化への道、ふたたび-

健康診断やケージ移動などで、ネルの放鳥は数日ぶりとなってしまいました。

それに、健康診断の際のキャリー移動で、飼い主への信頼度も下がっており……。

それ以降は、軽く避けられているような雰囲気でした(涙)

 

もっとも、今のネルは、新しい部屋に慣れるのに忙しいのかもしれません。

本気噛みは、気がつくとほとんどなくなっていました。

 

今でもほんとうに怖いときは、ツボ巣に逃げ込んでしまいます

これまでは、リビングとは別室にいたので、ネルには交換後の餌入れしか見えていませんでした。

でも今は、入れ替え作業もネルのケージの位置からは丸見えです。

 

シャカシャカ……と私がスプーンでシードをすくう音を、ネルはすぐに覚えてしまいました。

この音がし始めると、興奮して、「はやく!ちょうだい!」と言いたげに止まり木の上をうろうろします(笑)

 

先住鳥との関係を調べてから、モノたんの餌交換から時間をおこうと考えていたのですが、かわいそうですぐにネルにもあげてしまいました。

 

モノたんには今、シード、ペレット、シードをミルで挽いたものをそれぞれ別容器で順番に用意しています。

消化を考えてのことなのですが、用意には結構時間がかかります。

だから、ネルの餌交換にかかる頃、モノたんはとっくに餌を食べ始めてしまっているわけで……。

ネルにしてみれば、今でも十分、お預けをくっている状態かもしれません。

 

リビングに慣れたかは、まだまだ怪しいところなのですが、モノたんの放鳥を見て大騒ぎしたため、ネルも出してあげることにしました。

そうしたら、前回書いたとおり、モノたんのケージまで飛んでいって、セミみたいに張り付いてしまいました。

 

このとき、慌てて引き離したのですが……。

思わず手乗りの子にやるように手を差し出してしまいました。

ネルの体のすぐ下に手のひらを添える感じです。

 

後日撮影。びびり気味ですが、乗ってくれました。

すると。

少し迷った後、ネルは手に降りてくれたのです。

今考えれば、知らない場所で、怖いけれどまあまあ見慣れたもの(手)があったので、つい飛び乗ってしまったのだと思います(笑)

あんなに避けていた手なのに、今は「ここしかない!」みたいな感じでしがみついていました。

もちろん、何も持っていない手にです。

 

なんだか、究極の選択をさせて何とか実現したような気もしますが……。

 

手乗り達成!

 

でしょうか。

うれしいのは確かですが、これまであんなに四苦八苦していたことを思うと、少し力が抜けてしまいました。

 

ネルにとっては、人間の手もバードバスと同じなんでしょうね。

手を見慣れてもらった時点で、敢えてケージを別の部屋(知らないものがいっぱいの場所)に持っていけばよかったのかも。

ある程度慣れたアイテムなら、見たこともないものよりは気を許してくれるはず。

そうすると、「ここしかない!」な感じでいやおうなく手に近寄ってくれる……という理屈が成り立ちます。

 

この日、ネルは他に行けるところがないので、

モノたんのケージに飛んで張り付く

私が手で迎えに行く

こわごわ乗ってくれる

また飛び立つ

をループしていました。

 

まだ、びくびくと乗っている感はありますが、いやいや乗っているうちに、手の感触に慣れてくれたらと思います。

 

すぐ覚えたね!(でも今でも張り付くこともありますが……)

ところでネルは、「飛んでいってはいけない場所」を、2-3度注意しただけで覚えてしまいました。

例えばモノたんのケージに張り付くのは止めて欲しかったので、「だめだよ」「邪魔しないでね」などと喋りかけながら引き離します。

するとそのうち、ケージに張り付いたときは、すぐに移動場所を探してきょろきょろするようになりました。

もちろん移動先は、今のところ私の手のひらしかないのですが……。

 

一方で、モノたんのケージが入ったラックには自由に止まってもらって良かったので、ネルが偶然そこに着地したときは「偉いねー」などと褒めまくりました。

さらに数日が経つと、飛び立ってもだんだんケージに張り付く回数が減りまして。

たとえ張り付いても、私の手からすぐにラックへ飛び移るようになってくれました。

(今は私の手より、ラックの方がマシということ……)

 

これまでお迎えしたすべての子がこうだったかどうか、記憶は定かではありませんが……。

文鳥ってとても賢いんだなあ!

内心、こっそり感心しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。