手乗りくずれ文鳥、お迎え14日目-先住鳥とご対面-

健康診断を終えた翌日、晴れてネルのケージをリビングへ移動しました。

我が家の鳥たちは、代々そこで過ごしています。

今後はネルも、ここで過ごしてもらう予定です。

 

これからは、心の中にいるからね。

移動前に、それまでほぼ生前のままにしておいた先代文鳥のケージを片付けました。

お空に帰ってから、もう何ヶ月も経っていたのに、また泣いてしまいました……。

だいぶ立ち直ったつもりではいましたが、やっぱり、一緒に暮らした思い出に触れる作業はきついです。

 

リビングには先住鳥のモノたんがいます。

新しい子をお迎えする場合は、いろいろ注意が必要だそうです。

 

 

先代文鳥とモノたんも、同じリビングで飼っていましたが、ほぼ同時期にヒナでお迎えしたので、上下関係は特につけていませんでした。

ただ、どちらも若いころは気が強くて、一触即発な関係で……。

区別としては、放鳥は完全に分けていたというくらいです。

 

今は、7歳のモノたんには、できる限り穏やかな生活を送って欲しいと考えています。

我が家では、リビングにスチールラックを組んでいますが、そうすると、新入りにあたるネルには下が良いみたい。

 

でも、それだとお互いに顔見せ?ができなくなってしまいそうなので……。

しばらくは上段のモノたんに見えるように、少し離れたサイドテーブルにネルのケージを置いてみることにしました。

 

ここどこ?

サイドテーブルからは、位置的に、ラックの中からよりも、リビング(=人間)の様子もよく見えます。

ネルがリビングに早く慣れるためにもいいかと考えました。

 

ネルのケージを置いてみて、初対面の様子を観察してみると……。

 

ネルは首を伸ばしてモノたんを凝視!

その後も、モノたんの一挙一動に反応して鳴いたり動いたり、とにかく気になってしかたがない様子です。

我が家に来るまで、兄弟文鳥たちと同じケージにいたというネル。

やっぱり、寂しかったのかなあ。

手乗りくずれですし、今は、鳥づきあいがしたいのかもしれません。

 

一方のモノたんは……まったくの無視(笑)

騒いでいるネルをたまに見たりはしますが、ほぼ無関心でシードを食べていました。

これまでは別の部屋にいましたが、呼び鳴きは聞きつけていたので、新入りがいたのは分かっていたと思います。

先住の余裕というやつでしょうか。

 

でもこれは、先代文鳥への態度とほぼ同じ。

もしかしたら、「あれ、あいつが戻ってきた?」くらいに思ったのかも。

 

ストーカー文鳥の誕生である。

少し日を置いてから、ネルを放鳥してみたのですが、ネルはモノたんのケージにべったりです。

怒り声をあげるでもなく、ただじーっと、ストーカーみたいにモノたんを見つめているんです(汗)

何かあったら怖いので、すぐ引き離すのですが、ネルはめげません。

 

そして、相変わらずモノたんは無視です。

 

何だろうこの関係は……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。