心配なこと、ネルの足

先日の健康診断、ネルは問題ないとのことでした。

でも、私が気になっていたことがあったので、獣医さんに聞いたことがありました。

 

ネルが手乗りになってくれて、より間近で見られるようになってから、気がついたことです。

最初の健康診断のときは、ぜんぜん分かりませんでした。

 

ときどき、ネルの足が、少しだけ曲がっているように見えるのです。

人間で言うと、「うちまた」みたいな感じ?

 

初めてネルが手に乗ってくれてうれしかった時。この時はぜんぜん気がつきませんでした。ただ、ここまで曲がっているのは、今はあまり見ません。

骨そのものが曲がっているわけではなく、関節ぶぶんが少しねじれているというか……。

ケージの中で動き回っているぶんには、全然気がつきませんでした。

でも、ネルがテーブルなど平たい台に乗って、じっとしていると「あれ?」と思うことがあるのです。

 

脚としては、思いどおりの動きができているので、ネル自身は気にしていないようです。

 

もしかしたら、私が忘れているだけで、文鳥ってこんな感じの脚だったかなあ?

そう思って、先代・先々代文鳥の写真を見返してみたのですが、いまいちよく分からず。

 

先代。そんな目で見ていると、この子もうちまたな気がしてくるし(笑)

いろいろ検索していたら、「趾曲り」という症状に目がとまりました。

 

 

症例の写真が小さく出ていますが、ネルの曲がり方にそっくりな気がします。

ここまで曲がってはいないけれど……。

先天性奇形……?

普段の生活は、普通にしているので、軽症なのかなあ?

ネット上のいろいろな文鳥の画像も見てみましたが、同じような形の子も結構みかけました。

 

気になっていたので、診察時に聞いてみたのです。

とは言え、キャリーの中にいるときや、掴まれているとき、ネルは基本的に暴れまくっているので……。

「うーん、よく見えませんねえ」と言われました(汗)

 

先天的なこともあるし、栄養不足でなることもあるとのことでした。

ただ、もしそうだったとしても、もう骨は固まっているので治療のしようはないとのこと。

 

上のリンク先でも、同じことが書かれていましたしね。

実際に、ネルが不自由なく生活できているなら、それでいいかなあと思い直しました。

 

豆苗を握りしめて豆苗を食べたり

今は若さにまかせて、止まり木を脚で握ったまま、半回転して数秒ほど逆立ちしたりします。

 

が、心配なこととしては、この先ネルが老いてきたときのことでしょうか。

脚が弱ってきたモノたんもお世話しているので、どうしても……。

もしかしたら、ネルはもっとよろけやすかったり、転びやすくなってしまうかもしれないと想像してしまいます(汗)

 

獣医さんには特に何も言われませんでしたが、上のページには「趾瘤症を併発することもあります」とありました。

なのでとりあえず、ネルがよく飛び移る場所だけ、コーバンを止まり木に巻いてみています。

少しでも、脚への衝撃が少なくなるといいな。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。