形は自由自在なんです

どんどん家の外は春になっています。

外出自粛なんて寂しいですね……。

 

気温が上がってきたせいか、我が家のトライカラーのお餅も伸び始めたような……?(笑)

 

 

 

ネルの放鳥が終わってから、ケージに戻すまでの最近の儀式です。

 

ネルを手に乗せて「戻ろうね~」と声をかけながら、ケージの中に手ごと入れます。

ここまでは全然難しくありません。

 

ここから降りてくれないんです(汗)

 

 

乱暴には降ろさないことにしているので、ぐずぐずしていると手のひらにどんどんフィットしてきます。

このまま放っておくとお餅になって寝てしまう~。

 

最終形態(笑)になってしまうと、「戻りなさい」な飼い主の意思もどんどん弱まってしまいます。

 

うまく指を動かしてネルの向きを変え、ぶら下がっているおやつの粟穂を見せて降ろそうとすると……。

 

 

← この視線の先にいちおう粟穂があるのですが……。

また、手にぴったりフィットしてきます。

 

「ご飯食べた方がいいよ~」などと声かけするのですが、そうすると間もなく降ろされることをネルは知っています。

 

「降りないぞ」。

 

指の間にクチバシを突っ込んで抵抗します(汗)

こうやってだいたい5分くらい粘られてからケージに戻しています。

 

まるでスクイーズです……。

 

手乗りくずれからよくぞここまで慣れてくれました。

戻す時間は余計にかかりますけど(笑)