小鳥たちの預け先

先日やっと、2羽の体重が、ペットホテル利用前に戻りました。

 

一方で、飼い主の体重は、(旅先で食べ過ぎたせいで)過去最重量を記録してしまいました……(涙)

これからダイエットしなければ……(涙)

 

これまで私たちが不在にするときは、我が家の鳥たちは、ある子をお迎えした小鳥屋さんに預かってもらっていました。

 

それについて、特に何も考えていませんでした。

小鳥OKのペットホテルなんて、ないだろう、と考えていたのと、あったとしても、犬猫(小鳥にとって捕食動物)と同じ場所はかわいそう、くらいでしょうか。

 

また、親戚など、知り合いの家に預けるのも、抵抗がありました。

私には、近くにいて、小鳥に詳しい親戚はいません。

なので、鳥たちに何かあっても気づけず、対応はできないでしょう。

それに、もしそんなことが起こってしまったら、私はおそらく、預け先を悪く思ってしまうでしょう……。

 

もちろん、その小鳥屋さんで何かあったことは、一度もありません。

でも、今のモノたんの保温がしっかりできるとは思えませんでした。

普通に、売られている鳥たちと、そこまで変わらない場所に置かれているのですが、たぶん20度くらいしかないでしょう。

ネルだけならまだしも……どう考えても、モノたんには厳しい温度です。

 

そこで今回は、小鳥専門病院がやっているペットホテルを利用しました。

事前に、病気がないことを証明しなくてはいけない(健康診断など)ので面倒でした。

また、これまでお世話になっていた小鳥屋さんに比べると、利用料金もぜんぜん違います(高いです)。

ただ、小鳥向けの空調は完備ですし、何かあっても専門の獣医さんが対応してくれます。

 

今のところ、そういった施設以上によい預け先を、私は思いつくことができません。

 

小鳥OKのペットシッターも、考えてみたことがありました。

同じ環境にいるままで、餌やりと、温度チェックだけしてもらえるなら、小鳥たちにとってはベストなように思えます。

一日一回、自宅に訪問してもらってお世話をしてもらえるみたいです。

 

ただ、これも、我が家では厳しいという結論になりました。

我が家の鳥たちのケージは、リビングにあります。

リビングからは、全ての部屋へアクセス出来るようになっているので、自分たちが不在中にそこまで他人を入れてしまうことに、私も家族も、どうしても抵抗がありました。

他人に入ってもらってよいと思える部屋は、逆に、私達がふだんは使わない部屋。

そこに(いつも見ていたい)鳥たちを置いておくのも、本末転倒な気がしますし……。

 

いろいろ悩んだのですが、ネルとモノたんには、移動のストレスと、知らない場所でのストレスを与えることになってしまいました(汗)

元気そうに見えて、やっぱり帰宅後の体重は、それぞれ1gずつ減ってしまっていて。

外見からは計り知れないストレスが、やっぱりかかってしまうんですね。

 

去年、先代文鳥をなくしてからは、落胆&モノたんが心配で、家を空ける気持ちになれず、出張もぜんぶ取りやめてしまっていました。

ただ、いつまでもそうやっていると、仕事が回らなくなってしまうのも事実……。

 

とりあえず今後は、「何も考えず」預けるのはやめよう……と思いました。

2羽の体調や季節などを見極めて、その都度じっくり検討するつもりです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。