大胆なキンカチョウが怖いもの、それは

かさこそかさこそ。

モノたんが、ケージの床を歩き回っている音が聞こえます。

なかなか立ち止まらないので、「おかしいなあ」と思って覗いてみたら。

 

やっぱり……。

自分の体から、飛び出した羽が怖くて逃げ回っていたようです(汗)

 

昔からそうなのです。

キンカチョウのモノたんは大胆で、(文鳥に比べると)まさに怖いものなし!な態度で生活しています。

初めて見たものにはたいてい寄っていくし、すぐにつつきたがります。

 

そんなモノたんが、我が家の中で明らかに怖がる数少ないものの一つが、「抜けかかった自分の羽」なのでした……。

 

なぜでしょう、ぜんぜん怖いものではないのに?

「変なものがくっついている!」と思い込んでしまうらしく、視界に入ってしまったら、さあ大変。

焦って逃げようと走り回るのです。

もちろん、自分にくっついているので、そのままだと取れません(笑)

 

文鳥たちは神経質ですが、同じようなことになったら、だいたいはむきになって取ろうとする気がします。

自分の羽だということは分かっているような……。

不思議な反応の違いです。

 

抱っこして(羽を)取ってあげると、モノたんはしばらく細くなってキョロキョロしていましたが、そのうち落ち着きました。

 

先日から、「換羽かな?」と思っていたのですが、ツボ巣をのぞいたら、抜けた羽がわさっと入っていました。

やっぱり換羽が始まっていたみたいです。

 

一羽の鳥に、これだけ違う羽毛が生えています。

 

お腹は白いのに、羽は根元がグレーなんですよね。(手前)

喉もとのゼブラ模様は、たくさんの羽が生えているのに、それぞれがきちんと繋がっています。

キンカチョウのカラーデザインは素敵です。

 

そう言えば、クチバシも少しがさついている気がしていました。

いつもはツヤツヤつるんとしているのですが、これもタンパク質が(換羽にまわって)、少し足りないのかなあ?

なんとなく、色も少し薄いように思えます。

 

つい一週間ほど前の写真では、つるつるでした

 

タンパク質を補給できて、モノたんにもあげて良さそうなものは何だろう?

検索してみると、「鰹節」「煮干し」がいいようですね。

 

キッチンを探したら、「きな粉」がありました。

毎年、お餅を決まったところで購入しているのですが、おまけでくれるのです。

さいわい、砂糖が入っていないようなので、少しだけあげてみました。

 

モノたんは「なんだこれ?」みたいな反応をした後、4-5回ほど突っついてくれました。

がっつく感じではないですが、食べた後に首を振って嫌がる気配もないみたいで、良かったです。

 

甘くないので、分けて置いてあってもつつかないのが分かりました(汗)

今は爪楊枝の先ほどの量を、おやつにふりかけてあげています。

気が向いたときにつついてくれたらなぁと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。