保温電球が切れちゃってた

気温が下がってきたので、二週間前に、ネルのケージにもヒーターを取付けました。

 

 

その頃は稼働はしなかったんですが、今週になって、いよいよ朝晩はサーモのランプがつくようになりました。

ネルのケージの設定温度は23度です。

 

しかし、ついているときもどうもネルが寒そうなのです。

膨らんではいないけれど、UVBランプの真下にいつもいます。

この下は多少温かいのです。

 

「まさか?」と思ってケージに手を入れて、ヒーターに触ってみたら冷たいままでした(汗)

 

保温電球が切れてしまっていたみたいです。

 

急いで分解してみたら……。

 

 

ソケットが緩んでいました。

春からの保管中に緩んでしまったかな?

 

締め直して再点灯させてみると、ちゃんと温かくなりました。

壊れたわけではなかったみたいで、良かった~!

(下には予備の電球を置いてありました)

 

 

ちなみに、何となく寒そうに見えたときの室温は20度でした。

 

もしこれがモノたんのヒーターだったら、すごく焦って電球を確認したと思いますが、ネルは健康な二歳半です。

 

飼育書にも、健康な文鳥の成鳥に対しては20度は問題ない温度とされているような気がします。

放っておいてもよかったんでしょうか?

 

こういった問題は、じゃあ何度ならいいのか、とか、うちの子はそれで平気だ/平気じゃないみたいな話になって、
なかなか決着がつかないですよね……(汗)

 

我が家では、その子自身が寒そうに見えたら保温、ということにしています。

 

スパルタで寒さに慣れさせる方法もあるのかも知れませんが、寒さに強い子、弱い子それぞれいると思いますので……。

 

 

作業を見守っていたネル。

(背後霊モノたんもいますね)

 

老鳥のモノたんは明らかに羽毛の量は減ってきています。

調子が悪くないときも、膨らみ気味でじっとして見えることも多いので……。

同じ子でも、年を取ったら保温に力を入れてあげるのがいいと思います。

(モノたんのケージ内は年中30度前後を維持させています)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。