シニアキンカの換羽?

三日ほど前、ケージを掃除していると、モノたんのケージの底に、羽が6~7枚ほど落ちていました。

どうやらお腹の毛みたいです。

1-2枚くらいなら、落ちていることもありますが、明らかに多い……。

換羽が始まったのかなあ?

 

年を取ってからの換羽は、鳥への負担が大きくなるそうです。

心配です。

 

季節としては、そこまでおかしくはない、とは思います。

先代文鳥はだいたい4月ごろ換羽が始まって、モノたんはその前に終わっていたのを覚えています。

でも……これまでのデータがなく、あやふやな記憶しかないから、判断ができません。

きちんと記録しておけばよかったと、後悔しています。

 

しかし、今日のケージの底には、0枚でした。

あれ?

 

昔のですが、今はこんなかんじ。ほっぺが少しツクッとしています

モノたんは、我が家の文鳥たちと比べると、一気に換羽することはなかったです。

パラパラッと少し抜けて、しばらくすると、また少し抜けて……を繰り返していた気がします。

だからなのか、文鳥たちに比べて、特にしんどそうだった記憶はありません。

 

体重と食事量は、預ける前とほぼ同じですが、完全に同じにはなっていません。

まだ0.1~2gほど、少ないです。

これも、預けていたせいなのかなあと思っていましたが、換羽のせいだったのかしら。

 

もしそうなら、今からできることはあるのかな?と調べてみました。

残念ながら、キンカチョウの換羽情報は、広いネットの海でも見つけられず……マイナー種よ(笑)

文鳥のネルもいるので、文鳥の記事をいろいろ見てみましたよ。

 

多く取り上げられている注意点は、

 

・保温

換羽は疲れるので、体調を崩しやすいみたい。

当たり前ですが、冷えは厳禁なんですね……。

保温は、今もやっているので、このままでよさそうです。

ケージ内の温度は、暖房器具を使って、去年の夏からほとんど変えていません。

 

・食欲増進にあわせて餌を増やす

これは、今のところモノたんには当てはまらないです。

以前に比べて餌を食べる量が増えてはいません。

どちらにしても、以前から食事制限はしていないので、これもそのままで良さそう。

 

・ビタミン補給

青菜、ボレー粉を増やすとか、ネクトンをあげる、という意見がありました。

青菜は、こころもち(1.2倍くらい)増やしてみました。

ボレー粉も1-2かけら増やしてみました。(もともと、4かけらくらいしかあげていないので)

ネクトンは、去年からずっと、50%濃度で飲料水にまぜているので、いちおうこのままで。

 

 

・イライラ

文鳥は怒りっぽくなりますが、モノたんの場合は、変わったのを見たことがないですね。

もしかしたら、イライラしているのかも知れませんが、キンカチョウだからか顔に出ません(笑)

こちらも、普通どおりに接しています。

 

・だるそう

これは、心当たりがなくもないです……。

預け先から帰ってきてから、モノたんは下にいることが多くなりました。

だるそうというわけではなく、動きは悪くないのです。

また、寝るときは、一番上の止まり木の端にある、ツボ巣まで戻ります。

預けられていたせいで本調子ではないのか、換羽なのかは分からないです。

今のところは、そっとしておくしかないですね。

 

 

……なんだか、ほんとうにメモ帳みたいな記事になってしまいました(笑)

 

これまでは、いちいちメモを取る習慣もなかったです。

このブログを始めてからは、気がついたことをなるべく書き留めておこうと思っています。

今後はここが、メモ代わりになってくれるといいなあ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。