キンカチョウの記憶力におどろいた話

今朝、モノたんをケージから出すと、モノたんはすぐにキッチンまで飛んでいきました。

 

とくに元気がないとき以外は、まだ自分の翼で飛んでいくことができるので、それはいいのですが……。

 

驚いたのは、いつものパトロール順路を守らずに、すぐにシンクへ降りてしまったことでした。

 

モノたんは毎日のお散歩ルートがだいたい決まっています。

コンロ→カウンター→シンク→水切りカゴの上 となっているのです。

その前半を、いきなりすっ飛ばしてしまったことになります。

 

しかも、(モノたんにとっては)広大なシンクのとある場所に駆け寄って、いっしょうけんめいにつつき始めました。

気まぐれとかではなく、明らかにはじめから、この場所めがけてやってきたのです。

 

それを見て、飼い主の私はやっと思い当たりました……。

昨日はその場所に、コップに残ったジュースを捨てた(垂らした)のでした。

 

モノたんの散歩前に、キッチンは水で拭きあげることにしています。

そのジュースは放鳥中に捨てたのですが、100%果汁のものだったので、まあいいかとそのままにしておいたのです。

 

シンクの巡回中に、ジュースのしずくを見つけたモノたんは大喜びしたのでしょう。

モノたんは、美味しいものを飲み食いするときは「ジジジ♪」と鳴いてしまいます。

それで私にばれてしまって(笑)

さっとすすがれてしまったのでした……。

 

モノたんは一日経ってもそのできごとを覚えていて、しかも、正確な場所まで覚えていたことになります。

感心してしまいました。

 

そして、キンカチョウあるあるかも知れませんが、モノたんは、一度気になったものや場所にはしつこいです。

当然、今日のシンクには何も落ちていないのに、必死でつつくモノたん(笑)

もう何もないよ~?

 

でもたぶん、あと数日はシンクに直行するでしょう……。

 

 

記憶力と言えば。

我が家のベランダでは、この季節になると、毎年「ハトの夫婦」と地味な攻防があります(汗)

今年も、昨日はじめての戦いがありました。

 

夫婦はもちろん、巣を作ろうと狙っているのです。

 

私はハトも好きなのですが、集合住宅住まいであることもあって、巣を作られてしまうことは許可できない状況で……。

 

最初は窓を開けるだけで逃げていたのですが、よほどこのマンションのベランダが気に入っているのか、そのうち逃げなくなりました。

窓を開けると、夫婦と目が合います(笑)

なので、今はそっと、蛍光色のスポーツウェアを窓から揺らして、退散願うようにしています。

申し訳ないんだけれど、負けられない……。

 

これも、覚えているはずなんだけどなあ。

毎年同じ夫婦かどうかは覚えていませんが、どちらにしても、2週間は粘られます(汗)

あえてチャレンジしてきてるんでしょうね。

 

我が家の鳥たちなら、一度イヤな思いをしたところにはまず近づきません。

 

なのに、あえて危険な場所に何回も行ってチャンスを狙うというのは……。

このハトの夫婦は、忍耐や希望というものを知っているということになりますね。

 

近所迷惑にもなってしまうので、負けられない相手ではありますが……敬意は抱いてしまうのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。