キンカチョウの寝言

モノたんは寝かせた後に、ほぼ毎日寝言を言います。

正確には寝言なのか、目をカッと見開いて言っているのか、お休みカバーの内側のことなので分かりませんが……。

とにかく、モノたんが若い頃からそうなのです。

 

時間もだいたい決まっていて、午後8-9時ごろに1回目。

これで終わる日もありますが、午後10時を過ぎてからもう一回鳴いたりします。

もしかしたら、深夜、人間が眠ってからも言っているかもしれません。

 

若い頃。昼間も狭いところで昼寝することもありますが、こんな声は出しません。

実際のところは見えないけれど寝言だと考えているのは、その声が日中とは違っているから、というのもあります。

文字に起こすのはなかなか難しいのですが、

 

「……ぷぇ」

 

というような、ちょっと間の抜けた小さい声なのです。

 

テレビをつけていないとき、パソコン作業か読書しているときに聞こえるので、大きな音に反応しているわけでもありません。

たまに、ものを落としたりして大きめな音を立ててしまったときは「メーメーメーメー!」とモノたんも大音量で反応します。

この時は起こされて鳴いているのだと思います。

 

キンカチョウあるあるなのかなあ?

 

ちなみに、文鳥の寝言を聞いた記憶はありません。

夜中に何かの拍子で、ツボ巣の壁に向かって「キャルルル」と突っかかっていることはありますが、これは寝言ではないですし……。

 

ツボ巣in のショットはほとんどなく…若い頃のモノたん

今回、寝言のことを書いてみようと思ったのは、さっき聞いたから、というのもあるのですが、実は久しぶりに聞いたのです。

 

ほぼ毎日、と冒頭で書きましたが、ここ半年ほどは、はじめてモノたんが寝言を言わなかった期間でした。

つまり、先代文鳥の闘病期間から、ネルをお迎えしてしばらくするまでです。

亡くなった文鳥も、夜7時半になると、お休みカバーをかけて欲しいコールを必ずする子だったので、どちらも聞けなくなった私は寂しい思いをしていました。

 

なぜ、寝言を言うのをやめて、最近また復活したのか……?

想像はつきませんが、今後はまた、私の夜のささやかな楽しみになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。