キャリーがどこにも売っていなくて困った

ネルをお迎えしてから気づいて、困っていることがあります。

飼育用品が、いつの間にか生産停止になってしまうことです……。

 

ヒナであれば、そのときに売られているものを買って、慣れてもらえばいいと思います。

でも、里親などでお迎えした鳥だと、それまでの飼育環境と同じものはそろえられないことも。

 

また、長い間飼っている鳥たちの用品にも、同じことが言えると思います。

モノたんの老いじたくにも、無縁ではありません。

 

ネルのお迎えで最初に困ったのは、ずっと使ってきたキャリーがモデルチェンジして、もう同じものが売られていないのを知ったときでした。

 

ネルが入っているキャリーは、モノたんと先代文鳥をお迎えした頃に、よく売られていたものです。

それを2つ買って、それぞれの通院に使っていました。

 

目に入るところに並べてみました

先代の文鳥が亡くなって、彼のキャリーとケージは処分。

ネルをお迎えしてからは、また同じものを買おうと思いながら、モノたんのキャリーを見せて慣らしていたのです。

 

そして、一週間後の健康診断を予約してから、ようやくネットで探し出したのですが……。

ない。

どの通販サイトを見ても、売っていません。

売られているのは、当時は見覚えのないデザインのものばかり。

デザインが変わってしまったんだ!と分かって、すごく焦りました。

 

よく考えると、10年もモデルチェンジ無しでいてくださいというのも、ムシのいい話ですね……。

 

でも、文鳥は神経質なので、成鳥になってから新しいものに慣らすのは大変です。

(ネルは通院経験じたいがないようでしたので、キャリーそのものに慣れていませんでした)

当時、ネルは、ようやくモノたんのキャリーを見慣れたころ。

そこからまた、新しいキャリーに慣れてもらう時間はありませんでした(涙)

 

お迎えするときには、用品はきちんと実物を用意しておかないと、ダメですね。

それに、販売されなくなってしまうことを考えたら、予備も必要かなあ。

キャリーなんて、一度購入したら、ひんぱんに通販サイトをチェックすることはないと思うのです。

でも、新しい子のものが必要になったのなら、時間をおかずにチェックすれば良かったです。

 

モノたん(キンカチョウ)は文鳥よりもおおらかなので、モノたんのキャリーをこのままネル用にしようかとも思いました。

でも、モノたんももうシニア。

文鳥ほど神経質ではないにせよ、見知らぬ場所で入れられるキャリーまで変わってしまうのは、精神的に大きな負担がかかりそうで……。

 

ちょっと柵のデザインが違うけど、これくらいならごまかされてくれました

結局ネルのケージについては、オークションサイトで、同じキャリーが一つだけ出ているのを何とか見つけました。

心からほっとしたのを覚えています。

良かった……。

 

 

この件で、数年前、愛用していたツボ巣もデザイン変更になってしまって、困ったことも思い出しました。

 

先代のツボ巣。カワイのあれです…

ツボ巣は年に何度か交換するので、送料対策で数個をストックしていたのですが。

それが尽きたときに、ようやく今回のキャリーと同じ事態になってしまっていることを知りました。

なんと、半年も前に生産停止になっていたようでした(涙)

 

いわゆる伝統的なデザインではなく、少々特殊なデザインのツボ巣でしたので、今更どれに変えたら良いのかと悩みました。

リニューアルしたものを購入してみましたが、先代の文鳥は絶対に入らず……。

(モノたんは、警戒しながらも初日から入ってくれました)

 

結局、先代には、色合いが比較的似たものを用意しました。

それでも、最初は怯えてしまって……慣れてくれる(入ってくれる)まで数日かかったと思います。

神経質な鳥の飼い主さんたちは、同じように困ったのではないでしょうか。

 

そう考えると、ほぼ一生ものの用品(ケージ、キャリー、餌入れなど)以外は、ユニークデザインではなく、ありふれた形がいいのかもしれないなあとも、考えはじめています。

最近は、かわいいデザインのものもたくさん出ていて、つい購入したくなるのですけどね。