もしかして、微妙な関係?文鳥とキンカチョウ

文鳥とキンカチョウって、仲良くなれるのでしょうか?

 

先代文鳥とモノたんは、若いころは一触即発だったので、同じ空間に同時にいさせることは、してきませんでした。

年を取ってからは、お互い無関心。

それでもやっぱり怖くて、放鳥時間はずらしたままでした。

 

 

我が家にネルがやってきて。

ネルは不思議な文鳥で、飼い主の私には、たまに怒るものの、それ以外に対して怒ったことは一度もありません。

動画で、怒っている文鳥が映っても、しゅっと細くなるだけで怒り鳴きはしないのです。

まだ一歳未満なので、これから変わるのかしら?

 

でも、先代はじめ、他の文鳥たちは、まだ換羽が終わらないころから、怒りまくっていた気がします。

文鳥としては当たり前で、だから他の種類の鳥たちとの同居はおすすめされないのですよね。

文鳥同士でも、ペア以外だと厳しいと聞きます。

実家でも、数羽を同時に飼っていたこともありましたが、1羽ずつにケージを用意していました。

 

トライアルスタート!カバーの奥なので、見づらいですが…

ネルは今、モノたんのケージを放鳥中の遊び場にしています。

お迎えしてすぐの頃も、ケージにへばりついていましたが、それは止まれる場所としてでした。

 

サーモのコードを伝って上がっていきます(これをやるとき、横のヒーターは消しています)

今は……。

見ていると、ボルダリングしているアスリートを思い出します(笑)

まるでインコみたいに、よじ登っていくのです。(ホッピングして飛び移ります)

 

ゴールにタッチ!奥でモノたんの目が光っておりますが…

 

心配なので、これを許すのは、私がそばで見ているとき、かつモノたんがそこから離れた場所にいるときだけにしています。

 

たまに、モノたんが急に飛び降りてきて、ニアミスすることも。

でも、ケンカになったことはありません。

最近は、私も数秒だけ、様子を見てみています。

 

ネルはぜんぜん怒りません。

モノたんは……年取って丸くなっているのもありますが、ネルがケンカを売ってこないのでそのままにしている感じかな?

(鳥的には、ガンをつけているつもりなのかもしれません?)

 

豆苗大好きなネルは、遊びながら、モノたんのケージからはみ出た茎をかじったりもします。

もう、先代文鳥時代には考えられなかったことです(笑)

そんなことをしたら、モノたんのキンカドリルが炸裂していたと思います(笑)

 

 

と思っていたら、文鳥とキンカチョウのハーフもいたりするとか?

世の中は広いなぁ……。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。