まだヒーターが必要なんて

今年の梅雨は気温が下がりすぎていて、怖いくらいですね。

 

まさか7月半ばまでヒーターを使うことになるとは、思ってもみませんでした。

 

私が仕事を始める早朝などは、温度計が22度を指しています。

若いネルなら大丈夫ですが、モノたんにはきつい温度です。

人間でも肌寒いくらいです……。

 

もちろん、お休み中の鳥たちのケージのサーモランプは赤々と点っています。

 

とは言え、湿度は高くなってきているので、(人間の)家族は除湿したがるようになりました。

むずかしいなあ……。

 

エアコンの除湿モードは室温も下げてしまうので、そんなときは、私がケージラック前面のカバーも降ろして温室化しなければなりません。

 

去年の秋に作った温室がまだ現役です(汗)

 

ところでこれくらいの気温ですと、日中につけてあげるUVBランプが暖かいらしくて、ネルには好評みたいです。

 

 

放鳥中にランプをつけてあげると、この隙間にえんやこら、えんやこらと登っていきます。

下でついているランプの暖気が気持ちいいらしいのです。

 

(自分的には)いまいち効果がピンとこなかったUVBランプですが……まだ時々つけています。

今はほぼ、暖房代わりになってしまいました(汗)

 

隙間とは言っても、単にケージとお休みカバーの間なので、足場はありません。

柵につかまったまま、うれしそうにしているネルです。

 

 

こんな格好で疲れないの!?(笑)

 

文鳥キックで鍛えてあるから平気なのか、一度入るとなかなか出てきてくれません。

戻ってきなさいと手を出すと、キャルルルと威嚇されます。

 

困っているのですが、ときどきモノたんが追い出してくれます(笑)

 

登攀中は無関心なモノたんなのですが、ネルのしっぽがケージに入ってきたら、さっと寄ってかじろうとするので、ネルは嫌がって出てきてしまうのでした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。