まだまだ保温が必要みたい

もう6月になっているのに、毎日天気がちがいすぎて驚いています。

30度近くで冷房を入れる日もあれば、豪雨で20度くらいに下がる日もあって……。

 

飼い主の私も、カーディガンをしまったり、引っ張り出したりいそがしいです。

 

シニアなモノたんには、真冬よりきつい温度差かも(汗)

(ネルも今は薄着(換羽中)ですし)

 

サーモのありがたみがいちばん実感できる時期かもしれません。

真冬はつきっぱなしなので、なくてもそんなに困らないのでは?と思うくらいでした.

でも今は、気温の変動が激しいので、ランプも一日中ついたり消えたりしているんですよね。

 

もう夏手前なのに、鳥たちにはすごく負荷がかかっていたんだなあ……。

モノたんの保温生活をはじめてから気がつきました。

 

というわけで、我が家の温室カバーはまだまだ現役です(笑)

 

ひょっとして梅雨明けまで、このままかしら?

 

保温されたケージ内にいるときは問題ないモノたんですが、放鳥のときはやっぱり、くしゃみが出ることも。

 

なぜか冷たいシンク遊びが好きだものね……。

 

ちなみにくしゃみしたら、すぐにケージへ強制送還です(笑)

 

去年からの経験で、とりあえず保温をさぼると 食欲不振→体重低下→体調不良 のコンボがあっという間に進むのが想像できてしまうので、飼い主も用心深くなっております。

調子の良くない愛鳥、シニアな愛鳥と暮らしている方々も、どうぞ気をつけて下さいね。

 

 

保温には関係ないのですが、今日ケージの中を見たら、小松菜の葉をきちんと敷いて座っているモノたんがいました(笑)

 

長い間一緒に暮らしているけれど、見たのは初めてなんです。

面白すぎて、急いで写真を撮ったのだけど、ピントがぶれてしまいました。

 

わざわざ敷いたのかな?(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。