じぶんの名前にシビアな鳥たち

我が家の鳥たちは、名前を呼ぶとこちらを見るか、お返事します。

 

モノたんは、もう7年も我が家にいるので(反応することに)不思議はありません。

 

でも、ネルはうちに来てまだ半年ほどです。

名前はつけられておらず、我が家に来たときは名前どころか、何を話しかけても反応しませんでした。

 

いつから名前に反応してくれるようになったんでしょう……?

 

思い出せないダメ飼い主ですが、記事を振り返ってみると、ネルと心が通い始めたなあと感じたのが、この頃でした。

 

 

この頃くらいからは、名前を呼んだときに反応してくれていた気がします。

 

今では、名前を呼ぶだけでなく、話しかけただけでもかぶせ気味に「ぴっ!」と返事してくれるようになったネル。

飼い主はうれしいよ……(涙)

 

ともかく、めでたく2羽とも返事してくれるようになりました。

今はその聞き分けスキルのすごさに、感心しています。

 

モノたんは長く飼っている間に、本名以外のあだ名がいろいろできています。

・プーちゃん

・めいちゃん

・めいめい

など、キンカ飼いあるあるな名前です(汗)

 

私は気分によっていろんな呼び方をするのですが、モノたんはどれにもちゃんと返事してくれます。

 

でも、「ネル」と呼んでも決して返事はしません。

ネルをお迎えしてからの、この半年の話ではあるものの、ひんぱんに声に出しているので「あだ名」だと思われても不思議ではないのですが……。

 

一方のネルは、今のところあだ名はありません。

こちらも、「ネル」以外の名前には反応しません。

モノたんのあだ名で呼んでも同じです。

 

2羽分をまとめてやる餌の交換や掃除のときや、急いでいるときは、つい適当に呼びかけてしまいます。

モノたんに向かって「ネルやるよ」と声をかけてしまったり、その逆だったり……。

 

そんなときは、どちらからも返事はないのです。

 

そして、何となく気まずい空気が流れる気がします(汗)

(新しい彼・彼女を元カレ・カノの名前で呼んでしまったときのような気まずさです……)

 

野生で生活している文鳥やキンカチョウたちは、お互いに名前をつけて呼び合っているわけではないですよね?

なのに、(私のミスはさておき)こんなにもシビアに反応されるのは不思議です(笑)

 

ともかく、耳と記憶力がとても良いのでしょう……。

 

耳については、別の部屋で私が音を立てても鳴き始めることもあるくらいです。

(鳥たちと同じ部屋にいる家族には聞こえないレベルです)

 

私はすごい生き物と暮らしているのだなあ……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。