かわいいライバル心と友情

モノたんは、おにぎりはさせてくれますが、気が変わるとすぐに飛んで行ってしまいます。

(これでも、シニアになってからは、ずいぶんおにぎりの機会が増えたのです)

 

それでもたまに、気になるところがあったときは、捕まえてチェックしなくてはいけません。

例えば、上くちばしの裏にボレー粉がはさまってしまったことがありました。

くちばしが、ずっと半開きだなあと思って、捕まえてみてびっくり!

慌てて、爪楊枝で取りのぞいてあげたことがありました(汗)

 

爪切りもしなくていいので、モノたんの保定はほとんどしたことがありません。

だから、こんなとき、モノたんは当然いやがって、全力で暴れます(汗)

手のひらサイズより小さいので、文鳥ほど、保定はしっかりできません……。

 

でも先日、思わぬ解決法が見つかりました。

 

くちばしの脇に、シードの殻が張り付いてしまっていたので、取ってあげたかったときのことです。

 

これくらいだと、保定するほどではないのですが、じっとしていてもらう必要があります。

たまたま、殻に気づいたのが、ケージラックの前でした。

モノたんを抱っこしたまま、「今取れたらラッキーだなあ」くらいに思って、おにぎりされているモノたんのほっぺに綿棒を近づけたのです。

 

すると、あっさり取ることができました。

モノたんは、(びっくりしていたけれど)暴れなかったのでした。

 

なぜだろう、といろいろ考えてみたのですが……。

ケージから離れた場所でやってみるとすぐに逃げました。

ケージ前に戻って、モノたんの目線を追っていると……なんとなく理由が分かったような気がしました。

モノたんは、ネルのケージをチラチラ見ていたのです。

 

ケージラックの前だと、モノたんは、いつまでもおとなしく撫でられています(笑)

たぶん、ネルへのライバル心があるのかなと想像しています。

 

ひっくり返してお腹をチェックする!とかでなければ、今後はこれを利用して、軽い処置ならできそうです(笑)

 

かと言って、2羽の仲が特別悪いわけでもなく……。

いっこうに、ケンカを売ってこないネルに対して、近頃はモノたんもそれなりに心を許したみたいです。

 

 

ケージの柵越しに、威嚇しあうでもなく、いられるようになりました。

私は目を離さずに見ていますが、先代とモノたんのときのような緊張感は、感じません。

 

時々、お互いに柵を噛んでみたりして、ちょっかいを出し合っているみたいです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。